自動車関連のソリューション

今日の自動車では、単純な電気機器が高解像度のフラットパネルディスプレイに取って代わられています。ラジオは、多機能でタッチセンサー式ディスプレイに代わっています。シールドビーム灯やカプセルヘッドランプは、スタイリッシュで空気力学的にも効率がよく、各車種に固有のLEDやHIDヘッドランプ部品に代わっています。

ラディアントビジョンシステムズ社は、デザイン効率を上げ、自動車用ディスプレイ、照明システムや材料/仕上げの生産コストをコントロールする完璧な測定ソリューションをご提供します。ラディアント社は、イメージング色彩輝度計やイメージング輝度計と特定のアプリケーションソフトウェアからなる実績豊富で正確な測定システムを世界中にお届けしています。
 

車両用ディスプレイ

フラットパネルディスプレイ

メーター類、各種情報の表示、ナビゲーションそしてエンターテイメントシステムは全てフラットパネルディスプレイに代わっています。これらのディスプレイにおける色と鮮やかさへの期待度は高く、TV、コンピューターや携帯電話における消費者の経験値が基本となっています。完璧なディスプレイは、購入決定や長期にわたる顧客満足度に対する重要な要素です。人による検査は正確ではなく、ディスプレイにおける欠陥を効率よく見つけ出すことができません。 輝度、色度、均一性、線/点欠陥とムラの自動表示検査は“見逃し”を防ぎ、完璧なエンドユーザーエクスペリエンスを確保することができます。

ProMetricイメージング色彩輝度計と自動外観検査用ソフトウェア TrueTestを組み合わせたラディアント社の統合検査ソリューションは、ドイツ自動車業界の黒ムラ基準に準じた検査を含む自動車業界に特化したアプリケーションを実行できます。

 

ヘッドランプ

ヘッドランプ評価


ヘッドランプ部品の評価におけるひとつの強力で効果的な方法は、予め用意された平面に光源からの光を投影させることです。イメージング色彩輝度計は僅か2~3秒の一回の測定で照度分布を測定します。ヘッドランプの検査には、強力な分析ツールであるPM-HLソフトウェアが使用されます。

 

PM-HLには、以下の機能があります:

  • 光源の照度分布測定
  • ECEとSAE規格テストポイントの評価
  • カスタムテストポイントの評価
  • ビームパターンのカットオフ評価
  • 配光への変換
  • 路面での照度分布への変換
  • ビットマップ、等高線プロット、断面図などを含むデータ解析機能

 

照明

照度分布

 

新LED照明器にとって理想である、照度分布を作る新たな方法とは、光源のニアフィールド配光分布を測定することです。照明器具はゴニオメーターに取り付けられており、自動測定制御と分析ソフトウェアで駆動するイメージング色彩輝度計は、輝度あるいは点灯時の外観をあらゆる角度から測定します。ファーフィールド配光特性は、ソフトウェアを通じて計算されます。照度分布については、その際に任意の距離から計算されます。

 

LED照明

 

LEDヘッドランプ、テールライト、アクセサリー用ストリップライトの品質管理は、ProMetricイメージング色彩輝度計とProMetricソフトウェアを使用することで簡単に対処できます。配光が決められ、輝度と色の均一性が測定され、クラスター内で不具合のあるLEDが検出されます。ProMetricソフトウェアでは、画面上でROI(関心領域)と画像を重ねたうえで任意の箇所を評価できます。

 

 

小型光源

光源の特性評価

 

電球あるいはLEDのような小型の光源では、光学設計アプリケーションでのニアフィールドモデル用途により特性が評価されます。このモデルをつくるため、ProMetricイメージング色彩輝度計と精密ゴニオメーターシステム(SIG-400 ソースイメージングゴニオメーター)が、複数の視野角から光源の輝度と色度の測定をします。測定出力は、光源付近のニアフィールド輝度分布を表すRadiant Source Model®(RSM)です。このRSMデータ形式は、あらゆる主要な光学/照明設計ソフトウェアによってサポートされます。また、RSMデータ形式は、Radiant ProSource®ソフトウェアによって光線セットに変換されます。これらの光線セットは光学設計をサポートし、またニアフィールドモデルからファーフィールドモデルへの外挿についてもサポートします。