首脳陣

ハイ・パフォーマンスなソリューションをお届けするという我々のコミットメントを差配しているラディアント社首脳陣は、我々の主要マーケットや地域における業界のパイオニアやエキスパートを含む高度な経験を積んだグループです。技術部門および製造部門内での互いに補完し合う経歴を持ちあわせることで、彼らはハイレベルな専門知識と指導力をお客様と従業員のノウハウに与えています。

 

亀沢 仁志(最高経営責任者)

亀沢 仁志(最高経営責任者)

亀沢仁志は、ラディアントビジョンシステムズ社の最高経営責任者かつコニカミノルタ株式会社センシング事業本部の本部長を務めています。コニカミノルタでの広範な経験を伴った誰もが認めるリーダーとして、彼はラディアント社とグローバルなセンシング事業本部の組織に向けて戦略的かつ経営的指示を出しています。

2015年に事業本部長へ就任するなど、1985年のコニカミノルタへの入社以来、亀沢はセンシング事業本部の成長に重要な役割を果たしてきました。彼は開発部やヘルスケアと3次元測定器分野の事業展開でリーダーシップを発揮してきたと同時に、長年にわたる実践的な技術や開発作業で培った製品群の幅広い知識をもたらしました。

亀沢は、東京大学機械工学部で機械工学とロボット工学を学び学位を取得しました。3次元測定や3次元データ処理技術を題材とした論文もいくつか発行しており、米国と日本で計8つの特許を取得しています。

 

ラス・クレイサー(チーフ・ソリューション・オフィサー)

Douglas Kreysar, Chief Operating Officer

チーフ・ソリューション・オフィサーとして、ダグ・クレイサーはワールドワイドでの顧客のためのソリューション実現を確かなものとすべく、ラディアント社のエンジニア、製品開発、オペレーションズ、そしてマーケティングの各部門を率いてきました。彼の指図の下、ラディアント社の光と色測定に関する光学技術は、生産アプリケーション向けの究極の判断基準として知られるようになりました。

工学、物理学、そして経営といったバックグラウンドを持ち、クレイサーは2000年の入社以来、製造や財務からマーケティングまで、複数の部署を監督してきました。ラディアント社への入社前には、彼は大手自動車外部照明サプライヤーであるノースアメリカンライティング社の光学設計チームのリーダーを務めていました。

クレイサーは、バンダービルド大学にて物理の学士号を、そしてアナーバーのミシガン大学では応用物理の修士号を取得しています。彼は複数の技術論文編集者であり、SIDを含む組織向けのレギュラー講演者でもあります。また、彼はアメリカ自動車技術会のアン・エクセレンス・イン・オーラル・プレゼンテーション賞の受賞者であり、8つの米国特許も持っています。

 

ヒューバート・コスタル (販売とマーケティング担当副社長)

ヒューバート・コスタル (販売とマーケティング担当副社長)

ヒューバート・コスタル博士は、ラディアント社の戦略的アカウントのために販売部門とビジネス展開を率いています。2007年のラディアント社への入社以来、彼は世界のトップ企業群が生産過程を最適化したり製品の品質を改善したりするのを支えるなど、生産現場から研究室に至るまでイメージング色彩輝度技術の推移において重要な役割を担ってきました。

ラディアント社にハイテク・エンジニアリング、マーケティング、セールスにおける広範囲にわたる国際的な経験をもたらしたのも彼です。彼は、これまでにもAPIC社、NanoOpto社、SpectraSwitch社、TranSwitch社、Lucent Technogogies社といった数々の新興企業や確立した技術を持つ企業のいずれにおいてもリーダーシップを発揮してきました。

コスタルは、テキサス州立大学エルパソ校で修士号を、またテキサス州立大学オースチン校で数学博士号を取得しています。自動外観検査に関する第一人者として、彼の論文は国際的な技術と工業に関する専門誌にて見かけることができます。 また、彼は2つの特許を取得しています。

 

ストーン・ジャング (副社長、アジアキーアカウントセールス、中国担当部長)

Stone Jiang, General Manager, Radiant Vision Systems China

ストーン・ジャングはラディアント社の中国チームと韓国チームを監督し、ビジネス展開、売り上げ、そしてアジアを本拠とする戦略的アカウントのサポート責任者です。 彼はまた同地域での財務、人事、アプリケーションエンジニアリングなどあらゆる一般的活動を管理しています。 2012年の入社以来、ジャングは世界のトップブランドやその製造パートナー達の多くが含まれるラディアント社の中国ビジネスの発展において中心的な役割を果たしてきました。

ジャングのバックグラウンドには、ハイテクアプリケーション、セールルやマーケティングにおける広範囲にわたるビジネス展開経験があります。ラディアント社への入社前、ジャングはOrbit社で 中国担当部長として中国の通信業界にRFやマシンビジョンソリューションを紹介する中心的な役割を果たしました。彼はまた、Keithley Instrument社では中国部長を務め、Electroglas社やSchlumberger Automatic Test Equipment社でも活躍しました。

ジャングは、北京工業大学で電気・電子工学の修士号を、北京大学の光華ビジネススクールではエグゼクティブMBAを取得しています。