VisionCAL® LEDスクリーン補正用ソフトウェア

VisionCAL

LEDモジュールとスクリーンの色と輝度を自動補正する進化したシステム

VisionCAL® は、多くのLEDディスプレイにおける色と輝度のユニフォーミティを劇的に改善するために使用する、LEDスクリーン製造メーカーや建設業者向けの、特許取得済ターンキーソリューションです。 当システムは、管理された工場環境下でのLEDモジュール補正要求に対応できるよう、またスタジアムやアリーナにて野外広告あるいは巨大な室内ディスプレイ用として使用される壮観なLEDビデオスクリーンのインフィールド調整もできるよう、柔軟に設計されています。

VisionCALはLEDスクリーンの外観を最適化します

人間の目は、色と輝度の変化にとてもセンシティブであり、とりわけLEDビデオディスプレイでのケースでは、隣接する2点間(個々のLEDでの)と範囲(LEDモジュール)は容易に比較ができます。2 nm程度の小さな波長での色の違いや輝度での3%位は簡単に視認できるのです。 固体差のあるLEDを大量に使用する大型スクリーンでは、高価なLEDビニング(LEDの特性に応じて各素子を分類すること)を注意深く行ったとしても、明らかに気付くレベルのバラツキがでることは避けられません。LEDの性能は温度や湿度の関数として変化し、同一生産ラインでも日間変動があるため、この問題はさらに困難なものになります。

LEDスクリーンの色と輝度の均一性を保つための一番コストが掛からずに柔軟な方法は、LEDの特性とLEDスクリーン画素を利用することです:LEDの輝度は、個々のLEDへ供給している電源を調整することで確実に安定化できますし、LED画素の知覚色はカラーミキシングによって調整ができます。

ラディアントビジョンシステムズ社のVisionCALシステムは、LEDモジュールあるいはスクリーンに組み込まれるすべてのLEDの色度と輝度を測定するために、ProMetricイメージング色彩輝度計を使用します。この測定を基に、VisionCAL アプリケーションソフトウェアはその際に各LEDとLEDスクリーン画素に対する光学補正係数を算出します。これらの補正係数が受信ビデオ信号に適用されれば、その結果、予測可能な色表現を与える色域を持ち、輝度と色度が均一化されたスクリーンとなります。ディスプレイが均一化され色も正確なことから、総合的なビューアーイクスペリエンスも改善されます。

VisionCALは工場と現場の両方におけるLEDモジュールとスクリーンの補正機能を組み込んでいます

製造用途として、Vision CALシステムは、LEDモジュールやスクリーンへのテストパターン表示と、その画像のProMetricイメージング色彩計による測定を自動的に繰り返すようにセットアップできます。補正係数の算出後、Vision CALソフトウェアはそれらを自動的にビデオコントローラーにダウンロードし、その後LEDスクリーンの性能を検証する別の一連の試験を行います。 Vision CAL ソフトウェアは、補正結果のレポートを出し 、目標水準に届かないあらゆるLEDやLEDスクリーンのピクセルを割り出します。複数のLEDモジュールを同時測定(そして補正)するために高解像度のProMetricイメージング色彩輝度計を使用することで、 高度な製造スループットレベルを達成することができます。

インフィールドでの補正作業にVision CALが用いられるのには、いくつかの理由があります。 まず、工場でLEDビデオスクリーンのフルセットを組み立て、補正しても、現場で組み立てた際にわずかな、望ましくない不均一性が生じ得るため、必ずしも現実的ではありません。また、現場でスクリーンとそれを見る人の視線との位置関係は、工場で補正を行う時の配置とは異なるかもしれません。どのようなケースでも、Vision CAL システムは現場用の、フルスクリーン補正用として使用できます。 Vision CALアプリケーションソフトウェアは、いくつかの特別な画像分析とジオメトリーやフィールド補正アプリケーションに特有の視覚に対処する補正ルーティーンを含みます。 これらは、LEDビデオスクリーンの外観に明らかな改善を生み出すものとして、多くのフィールド補正アプリケーションの中でその実績が証明されています。

加えて、LEDの経時変化により、LEDスクリーンの見た目も変わっていき、その結果不均一性が次第に増加する傾向にあります。現場でのスクリーン補正用にVisionCALを定期的に使用することでこの問題も是正でき、LEDスクリーン所有者の投資価値を有効に維持することにつながっています。

ラディアントビジョンシステムズ社のVisionCALシステムはLEDモジュールとスクリーン補正用の最上級の方法です

ラディアントビジョンシステムズ社は、工場と現場のいずれの用途にも適した完全自動化ターンキーシステムとしてVisionCALシステムをご提供します。 設置にあたっては、製造ラインでLEDビデオスクリーンの自動制御ができるように、LEDモジュールやスクリーンの補正の加減についてのトレーニングを含めて、我々のエンジニアがVisionCALとLEDビデオスクリーンのインターフェースをシステムに組み込むお手伝いをいたします。

ラディアント社は、VisionCALシステムを使用したオンサイトでのLEDスクリーン補正もサービスの一環として行います。このサービスは、最適性能を要求されるようなLEDスクリーンや、古くなってしまった画質を回復させたいLEDビデオスクリーンのオーナーにとってはとりわけ価値のあるものです。